忍者ブログ

プロフィール

HN:
蘭陵亭
性別:
非公開
職業:
会社員
趣味:
絵を描く
自己紹介:
テラ、桂つかさ、蘭陵亭。
妖怪、漫画、絵画が好きな3人組です。
通称『下駄三兄弟』。

妖怪で同人活動を行っています。
ご連絡はyakozen1313●gmail.comまで
●を@に変えてお願いします。

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新CM

[03/25 お里]
[03/25 テラ]
[03/24 お里]
[03/23 テラ]
[11/18 テラ]
[11/17 amibozu]
[08/28 ちったん]
[08/25 蘭陵亭]
[08/21 ちったん]
[06/16 テラ]

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

フリーエリア

http://ct2.shinobi.jp/hoge/index.html

前々回4/10(日)モノノケ市でお描きした蘭陵亭作妖怪扇子


はい、一年も残すところあと半分となりました。
暮れのご用意はよろしいですか?テラでございます。

暮れのご用意はともかく、コミケのご用意は待ったなし!

…えー、今回の更新はコミケのことではなくてですね…。

なんだかんだバタバタしておりまして、
前々回、4/10(日)のモノノケ市で蘭陵亭がお描きした妖怪扇子を更新できないまま、幾星霜過ぎてしまっておりました…。

順序がおかしいですが、ここでご紹介させていただきます。
全て蘭陵亭画。

赤舌


手負蛇


八咫烏


絡新婦


はい、以上でございます!
では!コミケ原稿に戻ります!
当落まだですから、コミケ原稿というか、夏の新刊原稿?

…がんばります!

拍手[0回]

PR

5/21(土)モノノケ市でお描きした妖怪扇子など


モノノケ市お疲れ様でございました。テラでございます。

晴天にも恵まれ、楽しい一日でございました。
怪作戦ブースにお立ち寄りいただきました皆様に、改めて御礼申し上げます。



当日お描きした妖怪扇子のご紹介です。

*事後報告になり申し訳ありませんが、
今回のモノノケ市より、妖怪リクエストについて変更がございました。
これまで使用しておりました白扇が入手できなくなり、画材を変更いたしました。また、価格を2500円に改定いたしました。
(当日のお客様には、その場で説明させていただきました)
今後とも、皆様にご満足いただける作品をお届けできますよう、より一層精進して参ります。どうぞよろしくお願いいたします。

桂つかさ作 磯女


桂つかさ作 おとら狐


桂つかさ作 経立


蘭陵亭作 元興寺


蘭陵亭作 がしゃどくろ


蘭陵亭作 鵺


以上でございます。

…さー、新刊がんばります!

拍手[0回]

5/21(土)モノノケ市頒布予定②


怪作戦テラでございます。
告知の続きです。時間ががが。

桂つかさ作 鵺扇子 3000円



桂つかさ作 小狸扇子 1500円 *小さい扇子です。 


蘭陵亭作 白沢団扇 2000円


蘭陵亭作 見越団扇 2000円



以上でございます。

では、モノノケ市よろしくお願いいたします!

拍手[0回]

5/21(土)モノノケ市頒布予定①いつもの冊子関係


はい、テラでございます。

5/21(土)モノノケ市出店いたします。



モノノケ市
5/21(土) 10:00~17:00
会場:京都 大将軍八神社にて。
出店者リスト
http://www.kyotohyakki.com/mononokeichi/list.html


【頒布予定・冊子関係】

地元愛知の妖怪を描き、語る『愛知妖怪画談』シリーズ。
二巻、三巻増刷しました!一~四巻、400~600円。


妖怪を写真でゆるーく、馬鹿馬鹿しく表現。
『妖怪写真集』シリーズ。一、二、六、七巻。各200円。


…すいません。新刊は年に二度がやっとなので、いつもの奴です。
正直、この告知毎回いらないんじゃないかな…?と思いつつ、
一応、ご新規様も見てくださるかもと思って載せておりますが…。

そこで今回は、あまり載せてないシーンをチョイスしてみます。



君は知っているか!長田はりつけ松を!!
ナガタって読んだ奴、ちょっとこっちへ来い!
これはオサダって読むんだ!!
詳しくは『愛知妖怪画談第四巻』を買うんだ!!


愛知県民なのに愛智郡がどこか知らない奴ちょっと来い!
…俺も製作するまで知らなかったぞ!!
愛智郡に土着した「愛智御曹司」八面鬼と双六する話は『愛知妖怪画談第四巻』に載っているぞ!!
そして京都のイベントなのにこの告知は誰得なんだ(笑)!?



ずーとぴあは愛知にもあったんだぞ!

ずうとるびは山田隆夫だ!
愛知県小牧山周辺に祭られる名のある狐たちが愛憎と抗争を繰り広げるぞ!
怪作戦の創作じゃないぞ!『伝説 老狐小牧山吉五郎』とかに詳しいんだ!
愛知妖怪画談第二巻』で詳しく特集しているんだぞ!



…こんなところでいかがでしょうか。

夏に向けては新刊鋭意製作中でございますので…。

明日には時間が許せば扇子関係の告知も出来たらと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。




拍手[0回]

『愛知妖怪画談第二巻』、ポストカードセット販売のお知らせ


怪作戦テラでございます。
お知らせです。
『愛知妖怪画談第二巻』。
お陰様をもちまして、増刷させていただきました。
怪作戦初の三刷目でございます。ご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
この二巻では「磯天狗」「小牧山吉五郎」を取上げているのですが、
今後の販売分につきまして、蘭陵亭画の小牧山吉五郎ポストカード」とセットにて、500円にて販売いたします。


…このポストカードは、二巻完成後に蘭陵亭が描いたものですが、
せっかくの吉五郎特集本に掲載できないのを(テラが)残念に思っておりました(笑う)。
これを機にセットにてご提供させていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
…併せて、改めまして二巻の内容紹介です!
「天狗」といえば、山なんかにいるイメージが一般的ですが、愛知には「磯天狗」という、海に出る変った天狗のお話が伝わっております。この不可思議な「磯天狗」を特集!


小牧山に「愛知狐の総大将(自称)」だ!…という、「小牧山吉五郎」と呼ばれる狐の親分がいた!?
さらに愛人(狐?)の御林山御梅、狐業平の山中藪藤九郎部下の吉五郎四天王などが活躍する魅惑の物語『伝説 老狐小牧山吉五郎』!!
…という、愛知の小牧周辺の狐たちを特集しております。

どの特集も多くの方に、知って、楽しんでいただきたいものばかりでございます。
各種イベントにて頒布いたしますので、ご機会がございましたら、是非お買い求めいただけたらと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

拍手[0回]

長篠合戦のぼりまつり②


はい、テラでございます。
前回の更新の続きです。

長篠合戦のぼりまつり。
火縄銃の実演ありということで、老若男女歴史好きっぽーい皆様が大勢いらしておりました(笑)。
私も歴史大好きですので、もちろん多いに楽しんだんですが…。

実は「火縄銃の実演」に比べて、行われて居ることがあまり知られていないのでは…という怪作戦的な大本命がありまして。

それは、三河日置流雪荷派の具足弓演武!

おとら狐といえば、「長篠の合戦で流れ弾にあたったヨ」ってエピソードが有名ですが、実は、「林藤太夫高英という日置流雪荷流の弓の名人に射られた」って話もあるのですね。

「…又別の話として、お虎が長篠近郷を荒らし廻った時、同じ城跡の蔵屋敷跡に、林藤太夫高英(林藤助光政の裔)と云ふ日置流雪荷流の弓の指南者があつたが、名家であるから代々此家の門へは鳥さゑとまらぬと云つて居た。お虎が此事を聞いて一つ試して見ようと、鳥に化けて門の屋根にとまつて二声三声鳴いたのです、すると林藤太夫は、奥の一間で書見をして居たが、「はて耳ざわりな吾が家の門へは鳥さゑとまらぬと聞及んで居るに 憎らしき畜生」と怒気を含んで傍に有つた弓をとり障子の隙間から鵜引目の法で鳥を射た、此時確に手ごたへはあつたが、急所をはずれて居たと見ゑ鳥は狼狽して飛び去つた。それから数日の後、この出来事をお虎が人の口をかりて話したと云ふ(後略)」(『南設楽郡誌』)

おとら狐を射た流派が!長篠の地で!実演を!

ということで、これは是非行かねばと向かった次第。


具足を身に着けて弓を射る流派?チーム?は愛知ではこちらだけだとか。

スポーツとしての弓道ではなく、実戦を前提として、鎧で身を守りつつ射るために、座って射るとか(解説うろ覚え)。

女性の鎧武者さんが非常に麗しかったです。

「おとら狐」への言及はなかったですが、林高英さんへの言及はあり、あー、地元で弓の名人として語りつかれているんだな、と感銘を受けました。

現地には屋敷跡の碑もあります。

これも、最初見かけた時は

「おおー、おとら狐を射た林さんの屋敷跡が!」

と興奮いたしました(笑)。

…このへんのお話も、夏の新刊『愛知妖怪画談第五巻』で大いに特集するつもりですのでね、完成しましたら是非買って読んでいただけたらと!思うわけでございます!

ということで、長篠合戦のぼりまつりレポでございました。
また、後日「おとら狐を祭る城藪稲荷さん」も更新できたらと思います。よろしくお願いいたします。




拍手[0回]

長篠合戦のぼりまつり①


怪作戦テラでございます。
ぼちぼち…夏コミ原稿やってます。…やってますよー。
(当落はまだです)

はい、そんな訳で、頭はすっかり新刊『愛知妖怪画談第五巻』モードです。
おとら狐総力特集です。

ということで、実はこれまで行ったことがなかった「長篠合戦のぼりまつり」に行って来ました。

新城市観光協会の説明によると、

「長篠の戦いで倒れた両軍将士の霊を慰めるために、関係将士の紋入りのぼり数千本を献植して行うまつりです。毎年5月5日に開催されます。鎧・兜に身を固めた鉄砲隊による火縄銃の演武、勇壮な長篠陣太鼓が盛大に行われます。」

とのこと。

現地について、早速、一般の方とは違う所でテンションの上るワタクシ。

「のぼりまつり」ってんだから、そりゃのぼりはあるだろうと思ってましたが、まさか「城藪稲荷大明神」と書かれているとは予想外でした。

「城藪稲荷」というのは、おとら狐を祭っている神社なのです!
(城藪神社に行った話も別途更新したいものです)

そうこうする内に、こんどは歴史好きなら盛り上げるスネ様の旗射物登場でこれまたテンション上ります。キャー!スネさま~☆!!


鳥居強衛門。武田軍に包囲された長篠城から援軍を呼ぶために決死の脱出を行い、帰りに捕まる。
城内に向かって「援軍は来ない」と言うように脅されますが、「もうすぐ援軍が来るぞ」と叫び、磔にされました。
この忠義心に感動した侍が、彼を描いて旗射物にしたという話もあります。(写真の絵柄はと若干異なりますが、おおよそこんな絵柄)

さて、火縄銃実演!




あー、文字通り「火を噴く」んだなと実感。 


  

音、かなり大きいです。
反動も大きいので前傾姿勢なのだとか。
そういえば絵巻なんかでもやや前傾姿勢で撃っている気がします。
腰が引けている訳ではなかった(笑)。

さて、火縄銃の実演を堪能したのですが、実は私の本当のお目当ては別にあったのです…。②に続く。多分。

拍手[0回]

5/3(火祝)資料性博覧会頒布予定詳細


はい、まーちょっとでゴールデンなウィークでございますね。
テラでございます。

怪作戦は初参戦のイベントに出店でございますよ。

資料性博覧会09」です!

其の名の通り、資料や研究を中心とした同人誌の即売会でございます。東京です。

…「愛知妖怪画談」…純然たる「資料」「研究」かっちゅうと微妙な所ですが(笑)、まぁ愛知の妖怪に関して、資料性の高い同人誌ではありましょう。
参加条件として、「資料・研究・批評などの同人誌が一冊以上あること」なので、一応、妖怪写真集も持参します。…こっちの方が受けたりして…。



資料性博覧会09

5/3(火祝) 11:00~16:00
東京都中野区中野4丁目10番2号
中野セントラルパークサウスコングレスクエア
B1コンベンションホールA+B+C

怪作戦のブースは64です。ラストです。
…一応、「壁サークル」と名乗ってもいいのかしら(笑)。
(多分、二次募集で参加が遅かったからだと…)

【頒布予定】

愛知妖怪画談第一巻復刻版 400円

愛知県の妖怪を描き、語るシリーズ第一弾。
まだまだ手探りでやってますが、様々な愛知の妖怪を扱っております。
「実は愛知にも色々妖怪います」って知って頂けたらと。

愛知妖怪画談第二巻 400円




シリーズ第二弾。
一気に更にマニアックになりました。
海に出る不思議な天狗「磯天狗」と、
小牧山に愛知狐の総大将がいた!?という、「小牧山吉五郎」を特集。

愛知妖怪画談第三巻 500円

大幅増頁で本文88頁のシリーズ第三弾。
愛知県刈谷の「恩田の初連」を中心に、初連に関係する名のある狐たちを特集。
仁田四郎に切られて刈谷まで逃げて来た…だと!?

愛知妖怪画談第四巻 600円


ついに最安プランで刷れなくなっちゃった本文96頁。
シリーズ第四弾。
顔が八つもあるという八面鬼が、源氏の御曹司「愛智御曹司」と双六で勝負!?
源義朝を殺したことで磔にされた長田忠致親子が人面蟹と化した「長田蟹」!
源平合戦と愛知の関わりを軸に、愛知に縁ある妖怪を描き、語ります。

「妖怪写真集」一、二、六、七 各200円




妖怪をゆるーく写真で表現したお馬鹿な写真集。
もう七冊も作ってます…。
順次補充しているコピー本なので、今回全巻ありませんが、ご容赦くださいませ。
奇本珍本、御馬鹿な本を好まれる方に。

初参加のイベントですので、ご新規様などに購入いただける機械になりますとありがたいですね。それではよろしくお願いいたします!





拍手[0回]

4/10(日)妖怪卸河岸6頒布予定


はい、明日は東西同時作戦。犬伏の別れでシェリーフェンプランで声東撃西ですからね。
本日三回目の更新でございます。テラでございます。

今度は東京、妖怪卸河岸6の告知です!

妖怪卸河岸6
4/10(日) 11:00~15:00
会場:東京文具共和会館にて
*複合イベント「とりろじ10」内にて開催。とりろじは16:00まで。同人誌即売会部門は15:00まで。

【頒布予定】
【新刊】妖怪写真集第七巻 200円


冬コミ新刊です!
冬は…屋外イベントは厳しいですからね(笑)。
昨年末の発行から三ヶ月半、ついに京都初売りです!
妖怪を写真でゆるーく表現!
テーマは「原点回帰」。そして野外撮影も敢行!
今回も大変馬鹿馬鹿しい仕上がりとなっております。
【既刊】妖怪写真集 一、二、六巻など 200円



…モノノケ市の告知とほとんど変わりませんけどね?
だって、ほとんど同じものを同時に東西で売るんだからしょうがないじゃないすか…。ということで勘弁してください!

【既刊】愛知妖怪画談 一、二、三、四巻など 400~600円





地元愛知の妖怪を描き、語る「愛知妖怪画談」シリーズも取り揃えております。
(このシリーズの)新刊は、夏に向けて準備中ですので、もう少々お待ちくださいませ。


はい、ということで、怪作戦犬伏の…もういいか(笑)。
西を向いても東を向いても怪作戦。妖怪イベント開催中ということで、明日4/10(日)は、西日本の方はモノノケ市へ。東日本の方は妖怪卸河岸を目指されると良いのではと(笑)。よろしくお願いいたします!

拍手[0回]

4/10(日)モノノケ市頒布予定②

シ…

…やめとこ。

はい、テラでございます。引き続き扇子関係とかの告知です。

桂つかさ作 犬神 3000円


桂つかさ作 鵺 3000円



桂つかさ作 姑獲鳥 3000円



蘭陵亭作 牛鬼 3000円


蘭陵亭作 狐火 1500円


そして、

【妖怪リクエスト】
お好みの妖怪をモノノケ市中に扇子・団扇にお描きします!  1500円

あとは今夜中に新作が完成すれば他にもあるかも?
よろしくお願いいたします!

拍手[0回]