忍者ブログ

プロフィール

HN:
蘭陵亭
性別:
非公開
職業:
会社員
趣味:
絵を描く
自己紹介:
テラ、桂つかさ、蘭陵亭。
妖怪、漫画、絵画が好きな3人組です。
通称『下駄三兄弟』。

妖怪で同人活動を行っています。
ご連絡はyakozen1313●gmail.comまで
●を@に変えてお願いします。

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新CM

[03/25 お里]
[03/25 テラ]
[03/24 お里]
[03/23 テラ]
[11/18 テラ]
[11/17 amibozu]
[08/28 ちったん]
[08/25 蘭陵亭]
[08/21 ちったん]
[06/16 テラ]

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

フリーエリア

http://ct2.shinobi.jp/hoge/index.html

『怪』49号のコラムにて『妖怪写真集』を取上げて頂きました。


うおお12月ですね年末ですねコミケですね。
紛うことなきテラでございますよ。

はい!
本日12/8(木)

世界で唯一の妖怪マガジン『怪』49号

が発売された訳ですが…


妖怪絵師 東雲騎人先生のコラム「妖怪の楽しみ方」にて、怪作戦の『妖怪写真集』とその撮影会を取上げて頂きました!うおおお!!


215ページでございます。
あくまでも掲載されているのは東雲先生のコラムでございますので、いくら目次を探しても「怪作戦」の文字はございません(笑)。

アマゾンだとこちら。


冬コミ新刊作成用の撮影会を、東雲先生含む妖怪馬鹿(褒め言葉)の皆様方と行ったのですが、その時の事を取上げて頂いたのでありました。

いやいや、『怪』の紙面に「怪作戦」の文字が載る日が来ようとは。ありがたやありがたや。改めて東雲騎人先生『怪』編集部の皆々様に、心より御礼申し上げます。

さて!

肝心の冬コミ新刊『妖怪写真集第八巻』!

作ってます!
表紙まで出来ました!



こへーじです!北斎でございます。
今回は浮世絵もやっちゃうゾ!…な八巻でございます。

『怪』のコラムでも取上げていただけた事ですし、なんとしても完成させて冬コミにて配布いたしたいと思います。

3日目東Q08a『怪作戦』です!

何卒よろしくお願いいたします!

拍手[1回]

PR

『愛知妖怪画談第二巻、三巻、五巻』COMIC ZIN様にて委託開始!


テラでございます。少し咽喉が痛いです。

…冬コミ原稿、やってますよ?

はい!

これまでも『愛知妖怪画談第四巻』を委託いただいております、COMIC ZIN様にて、『愛知妖怪画談第二巻』『愛知妖怪画談第三巻』『愛知妖怪画談第五巻』も委託開始いただけました!

http://shop.comiczin.jp/products/list.php?category_id=6364





…何故かお送りしたサンプル画像でなく、わざわざスキャンいただいた画像を掲載してくださっているのですが…まぁこれはこれで。

地元愛知の妖怪を描き、語るマニアックなシリーズ。「コミケとか東京とか行ってられないよ!」…って方でも、ご興味ございましたらこちらからご購入いただけます!
(名古屋近郊に御住まいの方には、箱の中のお店様にての委託もございます。)
http://ranryoutei.blog.shinobi.jp/Entry/403/

磯天狗とか小牧山吉五郎とか恩田の初連とかおとら狐とか…ご興味持ってくださいましたら是非お買い求めくださいませ!よろしくお願いいたします!

拍手[0回]

名古屋で買える!「箱の中のお店」様で『愛知妖怪画談』五巻も委託中!



まだまだ暑うございますね。
テラでございます。…テラでございますよ?

夏のイベントのバタバタで、ブログではお知らせしておりませんでしたが、これまでも既刊を委託していただいております

「箱の中のお店」

様に、夏コミ新刊


『愛知妖怪画談第五巻』

も委託させていただいております。
「箱の中のお店」
名古屋市北区元志賀町1丁目12−1東ー2
運営:箱の中のユーフォリア
http://hakofo.com/


おとら狐総力特集です。
本文138ページという超ボリューム。
おとら狐について、ひたすら特集してます。
あまり知られていない資料総動員。イラスト、写真満載で、もちろん笑える要素も山盛りです。

「箱の中のお店」様への行き方は、以前取り上げたこちらもご参照くださいませ。
http://ranryoutei.blog.shinobi.jp/Entry/340/


愛知の妖怪本ですから、是非、愛知の方にご購入いただけると一層嬉しいです。

「興味はあるけど、なかなかコミケやモノノケ市に行くのは難しい…」

なんて方にご購入いただける機会にもなればと。
是非是非よろしくお願いいたします。

拍手[0回]