忍者ブログ

プロフィール

HN:
蘭陵亭
性別:
非公開
職業:
会社員
趣味:
絵を描く
自己紹介:
テラ、桂つかさ、蘭陵亭。
妖怪、漫画、絵画が好きな3人組です。
通称『下駄三兄弟』。

妖怪で同人活動を行っています。
ご連絡はyakozen1313●gmail.comまで
●を@に変えてお願いします。

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新CM

[03/25 お里]
[03/25 テラ]
[03/24 お里]
[03/23 テラ]
[11/18 テラ]
[11/17 amibozu]
[08/28 ちったん]
[08/25 蘭陵亭]
[08/21 ちったん]
[06/16 テラ]

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

フリーエリア

http://ct2.shinobi.jp/hoge/index.html

1/29(日)下北沢の『妖怪おろしがね』出店します!


えー、最近、「そういやPS3で無印プレステ動くじゃん」と思って、超久しぶりに「トゥルーラブストーリー2」とか「提督の決断3」とか弄ってます。テラでございます。

はい!
1/29(日)下北沢の『妖怪おろしがね』に出店いたしますよ!

イベントは1/28(土)と1/29(日)の両日ありますが、怪作戦は日曜だけです。会場も微妙に違います。

以下、公式サイトより陰陽、もとい引用。

開催日  :1月28日(土)、29日(日)
*怪作戦が出店するのは日曜のみ。
開催時間 :11:00〜17:00
      28日 下北沢東洋百貨店内
      29日 真龍寺境内
ジャンル :妖怪系&ご当地萌えキャラ 
主催   :【妖怪卸河岸】準備会
共催   :ルーデンス・アーツ
協力   :シモキタオープンイノベーション

以上、飲用、もとい引用尾張。

『愛知妖怪画談』シリーズや『妖怪写真集第八巻』などお持ちします!





天狗推しとなると、珍しく『愛知妖怪画談第二巻』の「磯天狗」推しで行くべきでしょうか(笑)。



あえて「海に出る」というちょっと珍しい天狗です。

下北沢自体、初めてなのでちょっと楽しみです。
…寒いかな~?

どうぞよろしくお願いいたします!

拍手[0回]

PR

名古屋で買える!「箱の中のお店」様で『妖怪写真集第八巻』も委託開始!


いやー、寒いですね。雪ですね。
でも、白粉婆写真は撮ってません(以前、蘭が撮った)。テラでございます。

冬コミ新刊の『妖怪写真集第八巻』。

こちらも『愛知妖怪画談』シリーズに引き続き、

「箱の中のお店」様に委託させていただきました!

「箱の中のお店」
名古屋市北区元志賀町1丁目12−1東ー2
運営:箱の中のユーフォリア
http://hakofo.com/





主に形態模写と身近な道具で「妖怪」をゆるーく、馬鹿馬鹿しーく再現した写真集でございます。これは愛知は関係ありません(笑)。

「箱の中のお店」様への行き方は、以前取り上げたこちらもご参照くださいませ。最寄駅は地下鉄の「黒川」です。
http://ranryoutei.blog.shinobi.jp/Entry/340/


「興味はあるけど、なかなかコミケやモノノケ市に行くのは難しい…」
なんて方にご購入いただける機会にもなればと。
是非是非よろしくお願いいたします。

拍手[0回]

岡崎の化け猫像、見に行って来ました。


おお寒い!テラでございます。

去る11月、

「岡崎に、岡崎の化け猫像が出来たらしい」

とニュースを見て、時間できたら行こうと思ってました。

記事:化け猫で商店街に“元気パワー”を【愛知県岡崎市「東康生商店街まちづくりの会」】

日本三大化け猫の一つともされる(認定元はどこやねんという話でありますが…)「岡崎の化け猫」。江戸時代以降、歌舞伎や浮世絵、映画なんかの題材として人気があったのですが、昨今では非常に知名度が低いですね。
粗筋の超ザックリした一例としては、十二単を着た老化け猫が、古寺で行灯の油舐めたり、人を殺したりとか。因みに「三大化け猫」の他の二つは「佐賀鍋島の化け猫」「有馬の化け猫」とされることが多いようで。

ということで、行って来ました!



良く見ると、ちゃんと黒目(?)もあります。


クォータービューで。…鳥のフンかなんかでしょうか…。


なんかの記事でも読みましたが、頭の上にある二つは尻尾の先とのことで。
確かに後ろから繋がっているのが確認出来ます。
化け猫といえば猫又的な尻尾二つでしょ?という。
俗に「岡崎の化け猫=オガサキの化け猫(尾が裂きの化け猫)」というシャレで流行ったのかも?ということでもあるようで。


上から。


説明書き。


やれやれ、無事訪問出来て良かった!



…ん?




おお、これは!

これは夜な夜なこの像が動いているという…(ということを安易に書くと、数年後にマジでそういう伝説になっちゃってたりし兼ねないですが)。

しかしまぁ、そういうイメージでのお遊びでしょうね。
事前に知らなかったので発見して面白かったです。

場所は、ニュースの記事とかでは解り難いのですが、岡崎城の東、「康生通東」の辺りです。


近くには「岡崎城」とか「三河武士の館」とか「八丁味噌の郷」とかあるので、合わせて行かれるといいですよ!
…自分は時間が足りなくて行けなかった…。つか、近くの図書館でモリモリ調べ物をしてしまった…。
八丁味噌の郷、行きたいですね。

猫の話が味噌で終ったところで本日は以上です。

拍手[0回]