忍者ブログ

プロフィール

HN:
蘭陵亭
性別:
非公開
職業:
会社員
趣味:
絵を描く
自己紹介:
テラ、桂つかさ、蘭陵亭。
妖怪、漫画、絵画が好きな3人組です。
通称『下駄三兄弟』。

妖怪で同人活動を行っています。
ご連絡はyakozen1313●gmail.comまで
●を@に変えてお願いします。

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新CM

[03/25 お里]
[03/25 テラ]
[03/24 お里]
[03/23 テラ]
[11/18 テラ]
[11/17 amibozu]
[08/28 ちったん]
[08/25 蘭陵亭]
[08/21 ちったん]
[06/16 テラ]

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

フリーエリア

http://ct2.shinobi.jp/hoge/index.html

怪作戦化け大祭レポート⑦ 荒俣先生の玉言編

40576016.jpg

…もう、そうとう記憶もやばい事になっとります。テラでございます。
もう九月も終わっちゃいますからね…。

しかしまぁ、当面参加予定のイベントもないので、シコシコとイベントレポート書きますです。はい。

今回、荒俣先生は結構過密スケジュール(?)の中で参加下さったみたいで、
初日は来られず、二日目も午後…だったよな?…からのご来臨でございました。

因みに、初日、京極先生がご来店下さった時も、

「明日、荒俣先生がいらっしゃった時は、その時だけでもいいから、
とにかく元気よく、盛り上げて下さい!」

と(例によって細部の記憶違いもあるかも知れませんが)、
厳命が下っておったのであります。

ええ!こっちは一年越しでその覚悟ですとも!!!

昨年、荒俣先生直々に

「若者はもっと馬鹿をやって盛り上げよ」

とご指導いただいた事を京極先生にもお話させていただいたのでした。

実際、自負を持って言いますが、
化け大購買部の皆様を除く、化け市化け座側では、
一番元気よく呼び込みをしていたつもりであります。
荒俣先生の大御心に届くようにと(笑)。

余談ですが、京極先生が、荒俣先生には「荒俣先生」
多田先生には「多田ちゃん」と呼びかけられていたのが
ヒエラルキーを感じさせて面白かったです(笑)。
いや、尊敬の対象と、友人ってのはまた単純に比較できるものではないでしょうけれども。

…さて!いよいよ荒俣先生来る!

怪作戦は会場入り口すぐの辺りで店開きさせていただいておりましたが、
荒俣先生は奥の方へ移動してご挨拶が始まりました。

うおお、そっちへ行きてぇ!でも、出展側の端くれとしてここは我慢せな!
…とか思いつつ拝聴。
例によってテラの怪しい記憶に基づく荒俣先生ご挨拶要旨。
細部違うと思いますがご容赦願いたく。

「かつて、30年ほど前にSF大会というものがありました。
いや、今でもあります。*
SFの作り手とファンがお互いに交流して楽しむイベントです。
その後、日本のSFというものは若干衰退してしまいましたが、
それでも30年続いています。
しかし、妖怪の方はというと、これまでほとんど水木大先生だけがお一人で奮闘して来られて、
作り手とファンが一体となって盛り上げるようなイベントはありませんでした。
(これは弟子である自分の怠慢でもある…とか言われたようなそうでないような…。)
この化け大祭はようやく二回目ですが、
今度とも大いに盛り上げて、楽しんで交流いたしましょう!」

*テラ注:調べてみたら40年前からありました。すげえ!
http://www.sf-fan.gr.jp/jsfcon/list.html

わかりました荒俣先生~(泣)!!!

実際、去年の化け大祭後も、

「初期のコミケがこんな感じだったろうか」

なんて兄弟では話したりしていたのです。
我が意を得たりと感じ入ったのでございます。

その後、荒俣先生はお土産の絵葉書を配られたり写真撮影に応じられたりしておりました。
そっちへ行きたい!でも、今、俺のするべき事はそれじゃないっ!
(まぁ、お客さんも皆そっちへ行ってこちらには来ないんですがw)

しかし、ここで我慢した事で、後にテラは神のタイミングを引き当てる事に。
次回も荒俣先生のエピソードの続きです。多分。

拍手[0回]

PR

Comments

Comment Form