忍者ブログ

プロフィール

HN:
蘭陵亭
性別:
非公開
職業:
会社員
趣味:
絵を描く
自己紹介:
テラ、桂つかさ、蘭陵亭。
妖怪、漫画、絵画が好きな3人組です。
通称『下駄三兄弟』。

妖怪で同人活動を行っています。
ご連絡はyakozen1313●gmail.comまで
●を@に変えてお願いします。

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28 29
30

最新CM

[03/25 お里]
[03/25 テラ]
[03/24 お里]
[03/23 テラ]
[11/18 テラ]
[11/17 amibozu]
[08/28 ちったん]
[08/25 蘭陵亭]
[08/21 ちったん]
[06/16 テラ]

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

フリーエリア

http://ct2.shinobi.jp/hoge/index.html

長篠合戦のぼりまつり②


はい、テラでございます。
前回の更新の続きです。

長篠合戦のぼりまつり。
火縄銃の実演ありということで、老若男女歴史好きっぽーい皆様が大勢いらしておりました(笑)。
私も歴史大好きですので、もちろん多いに楽しんだんですが…。

実は「火縄銃の実演」に比べて、行われて居ることがあまり知られていないのでは…という怪作戦的な大本命がありまして。

それは、三河日置流雪荷派の具足弓演武!

おとら狐といえば、「長篠の合戦で流れ弾にあたったヨ」ってエピソードが有名ですが、実は、「林藤太夫高英という日置流雪荷流の弓の名人に射られた」って話もあるのですね。

「…又別の話として、お虎が長篠近郷を荒らし廻った時、同じ城跡の蔵屋敷跡に、林藤太夫高英(林藤助光政の裔)と云ふ日置流雪荷流の弓の指南者があつたが、名家であるから代々此家の門へは鳥さゑとまらぬと云つて居た。お虎が此事を聞いて一つ試して見ようと、鳥に化けて門の屋根にとまつて二声三声鳴いたのです、すると林藤太夫は、奥の一間で書見をして居たが、「はて耳ざわりな吾が家の門へは鳥さゑとまらぬと聞及んで居るに 憎らしき畜生」と怒気を含んで傍に有つた弓をとり障子の隙間から鵜引目の法で鳥を射た、此時確に手ごたへはあつたが、急所をはずれて居たと見ゑ鳥は狼狽して飛び去つた。それから数日の後、この出来事をお虎が人の口をかりて話したと云ふ(後略)」(『南設楽郡誌』)

おとら狐を射た流派が!長篠の地で!実演を!

ということで、これは是非行かねばと向かった次第。


具足を身に着けて弓を射る流派?チーム?は愛知ではこちらだけだとか。

スポーツとしての弓道ではなく、実戦を前提として、鎧で身を守りつつ射るために、座って射るとか(解説うろ覚え)。

女性の鎧武者さんが非常に麗しかったです。

「おとら狐」への言及はなかったですが、林高英さんへの言及はあり、あー、地元で弓の名人として語りつかれているんだな、と感銘を受けました。

現地には屋敷跡の碑もあります。

これも、最初見かけた時は

「おおー、おとら狐を射た林さんの屋敷跡が!」

と興奮いたしました(笑)。

…このへんのお話も、夏の新刊『愛知妖怪画談第五巻』で大いに特集するつもりですのでね、完成しましたら是非買って読んでいただけたらと!思うわけでございます!

ということで、長篠合戦のぼりまつりレポでございました。
また、後日「おとら狐を祭る城藪稲荷さん」も更新できたらと思います。よろしくお願いいたします。




拍手[0回]

PR

長篠合戦のぼりまつり①


怪作戦テラでございます。
ぼちぼち…夏コミ原稿やってます。…やってますよー。
(当落はまだです)

はい、そんな訳で、頭はすっかり新刊『愛知妖怪画談第五巻』モードです。
おとら狐総力特集です。

ということで、実はこれまで行ったことがなかった「長篠合戦のぼりまつり」に行って来ました。

新城市観光協会の説明によると、

「長篠の戦いで倒れた両軍将士の霊を慰めるために、関係将士の紋入りのぼり数千本を献植して行うまつりです。毎年5月5日に開催されます。鎧・兜に身を固めた鉄砲隊による火縄銃の演武、勇壮な長篠陣太鼓が盛大に行われます。」

とのこと。

現地について、早速、一般の方とは違う所でテンションの上るワタクシ。

「のぼりまつり」ってんだから、そりゃのぼりはあるだろうと思ってましたが、まさか「城藪稲荷大明神」と書かれているとは予想外でした。

「城藪稲荷」というのは、おとら狐を祭っている神社なのです!
(城藪神社に行った話も別途更新したいものです)

そうこうする内に、こんどは歴史好きなら盛り上げるスネ様の旗射物登場でこれまたテンション上ります。キャー!スネさま~☆!!


鳥居強衛門。武田軍に包囲された長篠城から援軍を呼ぶために決死の脱出を行い、帰りに捕まる。
城内に向かって「援軍は来ない」と言うように脅されますが、「もうすぐ援軍が来るぞ」と叫び、磔にされました。
この忠義心に感動した侍が、彼を描いて旗射物にしたという話もあります。(写真の絵柄はと若干異なりますが、おおよそこんな絵柄)

さて、火縄銃実演!




あー、文字通り「火を噴く」んだなと実感。 


  

音、かなり大きいです。
反動も大きいので前傾姿勢なのだとか。
そういえば絵巻なんかでもやや前傾姿勢で撃っている気がします。
腰が引けている訳ではなかった(笑)。

さて、火縄銃の実演を堪能したのですが、実は私の本当のお目当ては別にあったのです…。②に続く。多分。

拍手[0回]

布川の花祭りに行ってきました。④

40576016.jpg
おこんばわん。テラでございます。

もう、今回で終りますから、まー少々お付き合いくださいましね?

前回、翁の舞まで見て、そろそろ寝とかんと運転がツライと判断して一旦車に退避。で、二時間ほど仮眠してモソモソ起き出したら、ちょうど朝鬼が舞っている所に間に合いました!

6fcc3cbe.jpeg
茂吉鬼さん。一応この舞の主役(でいいはず)。
987b15d3.jpeg
この面は「鼻たらし」でいいはず。
…鬼…かしら(笑)?
9c935e11.jpeg
どちらも茂吉鬼の伴鬼でいいはず。
b7ff2404.jpeg
茂吉っぁんは鉞(まさかり)でなく、を持ってます。
e7727cf8.jpeg
アップ。
d877a257.jpeg
しかし、インパクトのある顔です。鼻たらしさん。
33dbcdad.jpeg
釜の周りを舞ってます。
こうして無事朝鬼も見ることができました。
お次は獅子舞。
1c98eda6.jpeg
我ながらなかなか良く撮れた気が。
f6619287.jpeg
鎮めの神事。
bd708375.jpeg
Mr.カラテではありません(古い)。

はい!テラによる布川花祭りレポートは以上で締めたいと思います!長々とお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

いやー、ハードでしたけど、色んな鬼さんも出て来て飽きないですね。

特に周囲に混ざって「てーほへてほへ」と唱和していると、どんどんトランスしてきます。また、他の地区の花祭りにも行きたいですね。

拍手[0回]