忍者ブログ

プロフィール

HN:
蘭陵亭
性別:
非公開
職業:
会社員
趣味:
絵を描く
自己紹介:
テラ、桂つかさ、蘭陵亭。
妖怪、漫画、絵画が好きな3人組です。
通称『下駄三兄弟』。

妖怪で同人活動を行っています。
ご連絡はyakozen1313●gmail.comまで
●を@に変えてお願いします。

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新CM

[03/25 お里]
[03/25 テラ]
[03/24 お里]
[03/23 テラ]
[11/18 テラ]
[11/17 amibozu]
[08/28 ちったん]
[08/25 蘭陵亭]
[08/21 ちったん]
[06/16 テラ]

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

フリーエリア

http://ct2.shinobi.jp/hoge/index.html

御骨神社大祭に参加しました!



1c6132ae.JPGお久しぶりでございます。桂です。
直前になって告知をしたは良いものの、そのまま報告をしていなかったもので、レポートを。
1月10日に一人京都へ出かけ、お世話になっている髑髏城さんのイベント、「御骨神社大祭」に参加しました。













 場所は京都の台所、錦市場。
82fee65a.JPG



















・・・から一つ下った場所にある銭湯「錦湯」。 87c91142.JPG














9fb412ae.JPGそう、今回はまだ現役で使われている銭湯を定休日にお借りして、イベントを開いてしまおうという企画なのです。


















2e93a43a.JPG
この銭湯、築80年近くなる老舗の銭湯ですが、この様なイベント以外にも歌会や劇場としても使わせてくれるらしいです。中は本当に普通の銭湯。 











d8add993.JPG
番台がある銭湯は今となっては珍しいです。 












棚やら椅子やら風呂場に移して椅子や机を持ちこみ、準備を手伝い、いざ開店。1b49dc1f.JPG

中へは巫女さんがご案内。











会場(普段は脱衣所として使われている場所)では・・・ 


 a5782dc1.JPG

酒屋さんがお酒を売ったり、
 

















4cee0a33.JPG
自作手拭いやアクセサリーを販売したり、 












6b9a1d87.JPG

人形作家さんが自作の妖怪ミイラを展示したり、













54c5b8d3.JPG

紙芝居が上映されたりと、実ににぎやか。













f056b6cf.JPG
そんな中で「怪作戦」としてブースを開いていたのでした。 












それにしても・・・今まで東京ビックサイト、神社の境内、映画撮影所の時代劇のセットの中、京都国際マンガミュージアムの中、と色んな所で店を開いてきた「怪作戦」ですが、まさか風呂屋正確にいうと、女湯の脱衣所で店開くことになろうとは・・・。 

客寄せになればということもあり、「妖怪写真集1巻、2巻」をサンプルとして持って行きましたが、何故か実に好評・・・前も思ったけれど、京都の方はホント心が広いなぁ(しみじみ)・・・。 

リクエストも受付け、扇子も色々描きました。 
f19e4358.JPG
6981fc0a.JPG
会場でもらったでかい絵馬に描いた「骨女」と「しゃれこうべ」(会場内に神棚を用意していたので、そこに飾られました) 
























d9a22be4.JPG
「御骨神社大祭」なのだから・・・と描いた「骨女」と「がしゃどくろ」











863e5b6f.JPG














e1a09211.JPG
かわいい妖怪も描いた方が良いかなぁ・・・と思い「豆腐小僧」。この間ようやく「豆腐小僧双六道中ふりだし (角川文庫)」を読了しました。京極妖怪論満載でした。 







b5c5fc7c.JPG
「夏に太秦でお店出してましたよね?」と、ご存じな方からリクエストで「九尾の狐」 。











949f2d81.JPG
「真心の怪談」がモットーな怪談話をされる方からのリクエスト「幽霊」 













・・・そうこうしている間に昼の部が終了し、夜から怪談会が始まりました。 
怪談師として公演されている方がゲストを迎えての3人での怪談ライブ。 
寒い中の怪談は一味も二味も違いました!

35091ee6.JPGそんなこんなで怪談も無事終了。 
ささやかな打ち上げが始まりました。もちろん脱衣所(今度は男湯で。















しかし電車の時間もあり、宴たけなわな所で後ろ髪を引かれつつも一人離脱。一人夜の四条通を駅に向かい歩くのでした・・・。 

最初は一人という事もあって少し心配でしたが、実に貴重な経験をすることができたイベントだと思いました。髑髏城の皆様(雪の降る中、声を上げて外で呼び込みをしていたのには本当に頭が下がります)始め参加された皆様、お疲れ様でした。 そしてご来場(ご参拝?)頂いたお客様、ありがとうございました!
次の京都はモノノケ市かな・・・?


拍手[3回]

PR

Comments

Comment Form