忍者ブログ

プロフィール

HN:
蘭陵亭
性別:
非公開
職業:
会社員
趣味:
絵を描く
自己紹介:
テラ、桂つかさ、蘭陵亭。
妖怪、漫画、絵画が好きな3人組です。
通称『下駄三兄弟』。

妖怪で同人活動を行っています。
ご連絡はyakozen1313●gmail.comまで
●を@に変えてお願いします。

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新CM

[03/25 お里]
[03/25 テラ]
[03/24 お里]
[03/23 テラ]
[11/18 テラ]
[11/17 amibozu]
[08/28 ちったん]
[08/25 蘭陵亭]
[08/21 ちったん]
[06/16 テラ]

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

フリーエリア

http://ct2.shinobi.jp/hoge/index.html

10/28(土)【トークイベント】妖怪写真集クロニクル


怪作戦のテラと申します。
(始めてこのブログを見られるかたもいらっしゃるかも?と、改めてのご挨拶であります)

10/28(土) 新宿livewireにて「妖怪写真集クロニクル」というトークイベントに登壇いたします。
予約はコチラ。

http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=122686339


以下、サイトよりコピペです。

妖怪写真集クロニクル
妖怪の書籍は1990年代以降増加し、商業誌だけでなく、同人誌の世界でも多くの妖怪本が発行されています。
2001年に京極夏彦・多田克己・村上健司『妖怪馬鹿』が刊行されると、妖怪好き諸氏の間では妖怪好きが高じている人々を「妖怪馬鹿」と呼ぶことが、かなりスタンダードになりました。
愛知の妖怪サークル「怪作戦」の皆さんも、そんな「妖怪馬鹿」な人々です。
今回、怪作戦のテラさんをお招きして、同人活動の柱の一つである『妖怪写真集』(妖怪を形態模写と身近な道具とかでゆるーく、馬鹿馬鹿しく表現したものです≠妖怪コスプレ)がいかにして生まれたか、どのような写真があるのか、今後の構想等を語り尽くします。また、これまでの写真をカラーで!目線なしで(笑)公開! その場で撮影もしちゃうかも。
妖怪好きな皆さんに必見のイベントです。来場者には素敵なお土産もございます。
懇親会もございますので、今後の妖怪好き・妖怪馬鹿の交流を広げましょう。
懇親会や前説ではメイキング映像も流しちゃいます。
[登壇者]
・テラ
妖怪サークル「怪作戦」長男。
『妖怪写真集』『愛知妖怪画談』などの同人誌シリーズを編集している。
馬鹿馬鹿しくて滑稽な妖怪の本を真面目に作りたい。
・しげおか秀満
妖怪馬鹿の漫画家。某児童誌でボブ・サップの漫画とか描いていた人。
近年は妖怪をテーマに同人誌を作ったり、イラスト作品を展示会で発表したりと活動中。
好きな妖怪写真は琵琶牧々。
・式水下流
妖怪造形家。自称怪作戦の一番のファン。
本職の傍ら妖怪の造形物やら同人誌やらを作っている人。
好きな妖怪写真は狢。
[日時] 2017年10月28日(土) 開場・17:00 開始・17:30 (約1時間半を予定)
[会場] Live Wire HIGH VOLTAGE CAFE
     東京都新宿区新宿5丁目12-1 新宿氷業ビル3F (1F割烹「いちりん」右階段上がる) (Googleマップ)
    ・都営新宿線「新宿3丁目」駅 C6~8出口から徒歩5分
    ・丸ノ内線・副都心線「新宿3丁目」駅 B2出口から徒歩8分
    ・JR線「新宿」駅 東口から徒歩12分
[料金] 1500円 (当日券500円up) 

引用終り。終了後、3500円にて懇親会への参加も可能です。

怪作戦をご存知の皆様には今更でございますが、長年作り続けている『妖怪写真集』シリーズを取り上げて、大画面で映して、トークして楽しもうというものです。
上記説明文にもありますが、

こういう馬鹿なことを延々やっている同人誌のシリーズです(笑)。
普段はモノクロの同人誌ですが、今回はイベント会場の大画面ですので、カラーで大写しにしつつ、妖怪に大変詳しい、しげおかさん、式水さんにも大いに語っていただけるという訳です。

新宿で!怪作戦メインの妖怪イベント!!
ということで、大いに楽しんでいただける催しにしたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
(上記文中でも触れられておりますが、当日券もあるはずです)

拍手[0回]

PR

Comments

Comment Form